一般媒介契約によるマンション売却

マンションの売却を検討するにあたって、不動産業者にサポートしてもらいながら進めていくという人が多くいます。
最近はインターネットが普及したおかげで、自分で物件を販売することはできるようになっているものの、仲介会社に依頼して売り出しを進めていく方がより確実に自宅を売ることができるようになっています。

 

マンション売却を不動産業者に依頼する場合は、様々な契約方法の中から選んで進めていくのが一般的となっています。
その中で最も利用される契約方法に一般媒介契約と呼ばれる契約があります。
これを軸にマンション売却を進めていくケースが多くなっています。

 

一般媒介契約というのは比較的自由度の高い契約で、他の仲介会社と併用して契約ができるというメリットがあります。
複数の不動産業者と契約ができるということで、業者側はなるべく低コストで抑えようとしてくるため、他の契約に比べるとマンション売却までの道のりが長い場合が多くなっています。

 

もちろん需要と供給のバランスで成り立っているわけなので、一般媒介契約であっても、自分の物件を購入したいという人がいるのであれば、問題なく売ることができます。
あまり需要が無い物件になってくると一般媒介契約によるマンション売却は難しくなってくるので、他の方法で販売を考える必要性が出てきます。